create a web page
Kinera Imperial URD

Kinera ImperialURD

KineraのハイエンドラインKinera Imperial(キネラインペリアル)2Sonion EST + 2DD+1BA ImperialURD(インペリアルウルド)

Kinera ImperialURD(インペリアルウルド)
2 Sonion EST+2DD+1BA 合計5ドライバのハイブリッドIEM

ImperialURD

バックグラウンドストーリー

過去は現在と未来のための宝物

世界樹ユグドラシルの根元にある「ウルドの井戸」は、神々が日々集う場所です。ウルドの井戸は、すべてを浄化する力を持つ聖なる泉であり、世界樹の源でもある。

ウルドは運命を司る3人の女神の長姉です。運命の「過去」を司ります。妹はヴェルダンディとスクルドの2人。ヴェルダンディは "現在 "を、妹のスクルドは "未来 "を司っています。

よく過去を振り返り、過去の人や物事に思いを馳せています。世界で起こったことをすべて魔法書に記録し、神々や人類に貴重な過去の経験を教えています。

ImperialURD 

ハウジングデザイン

ウルドの井戸はより深い意味合いを持つ

フェイスプレートは湖の表面を模しており、3Dプリントでフェイスプレートの真ん中に窪みを作っています。
フェイスプレートの端に向かって徐々に盛り上がっていく複雑なデザインとなっており、計6層構造となっています。
濃淡の異なる特殊な顔料を混ぜることで、各層の構造を別々に鋳造し、固形化します。最後に、世界樹に栄養を与える「ウルドの井戸」の水面を表現します。浅いところから深いところへ、だんだん深くなっていく。

シェルは穏やかな水面下の光景。
太陽が輝き、湖は迫りくる黄金の光を反射し、深い水と浮遊する泡がウルドの泉を予測不可能な姿を表現。
湖の底には歴史の蓄積があります。
もしこの歴史の蓄積がなければ、湖の透明度を際立たせることはできません。

過去は深いプールのようなものです。私たちが目にするのは多くの場合、穏やかな表面である。
深く掘り下げることで初めてその豊かな層と意味合いを発見することができるのです。 

ImperialURD

チューニングコンセプト

ImperialURDは過去を司ります


音は、記憶の奥深くに埋もれている思いを呼び覚ますことができます。 
過去、栄光、悲しみ、喜びは人それぞれですが、その中に埋もれている記憶は鮮明です。

思い出は、過去を記した本のようなものです。
私たちはそれを構成するとき、前に進むために長い時間を経て、過去のそれらはすべて宝物であり、現在を見守るものであると認識しています。 

ImperialURDのサウンドチューニングは、Sonion社製ESTドライバ、ダイナミックドライバ、バランスドアーマチュアドライバの 3バンドが均等に配置され、原音に寄り添ったうえで、ボーカル領域を明瞭化し、音全体で包み込むような感覚を持たせました。繰り返しチューニングすることで、広い音場、暖かい音色、リラックスしたリスニング感覚。自然な聴き心地が生まれました。

心の中にある過去の本を開くように、曲の中に埋もれている魅力を探さなくても、音楽が流れると、そのメロディーの優しさに、心が揺れ動き優しくなれると思います。

ImperialURD

ドライバ構成

唐突さを排除し、ただ協調性をもって声楽界を満たす


ImperialURDのbassはチタン結晶振動板同軸ダブルダイナミックドライバを採用し、入念なチューニングにより、
このユニットの特徴である深い潜りと速い応答性を引き出しています。
高域はSonionの新世代複合型ダブル静電ユニット(ESTドライバ)EST65DB01を採用し、
高音に強いディクタリティを持たせています。
中域はKineraカスタマイズのバランスドアーマチュアドライバで構成されています。 

ImperialURDドライバ構成


Sonion社製ESTドライバ  EST65DB01 複合型デュアルエレクトロスタティックユニット

Sonion社新世代のEST65DB01複合デュアルESTドライバーは、前世代よりも全体的に高域周波数特性が3db向上しています。 高域の伸びも強化され、よりクリアで明るい音になりました。

8mmチタンクリスタルダイアフラム同軸ダブルダイナミックドライバー

8mmチタンクリスタルダイアフラム同軸ダブルダイナミックは、強い音響性能、大きなダイナミクス、迅速な過渡応答、クリアな低域レベル、そして確かな質感を備えています。

KineraカスタムK26005/9バランスド・アーマチュアユニット

KineraカスタマイズBA K26005/9は、中間周波数を担当し、男声・女声ともにとても明瞭でクリアなボーカルを再現します。
 

ImperialURD基本スペック

ImperialURD

主要スペック


モデル名:ImperialURD(インペリアルウルド)
ドライバ:2EST+2DD+1BA
インピーダンス:20Ω
感度:107db+-2db
再生周波数:5Hz-50kHz
プラグ:2.5mm,3.5mm,4.4mm(交換式)
コネクタ:0.78 2Pin
ケーブル長:約1.2m

ImperialURD基本スペック
ImperialURDケーブル

ImperialURD

ケーブルスペック



素材:OCC+OCC (銀メッキ) + OCC (金メッキ)
構造: OCCシールド+外巻OOC(銀メッキ)+OCC(金メッキ)複合編組
Diameter: 2.1mm/core
撚り線 : 0.08mm OCC14本+0.08mmOCC14本(銀メッキ)+0.08mmOCC14本(金メッキ)
撚り線 : 0.08mmOCC 14本(銀メッキ)
ケーブル表皮材 : 高透磁率軟質PVC
インターフェース : 0.78 2pin
プラグ : 4ピン着脱式プラグ、2.5mmバランス/4.4mmバランス/3.5mmプラグ
外部金属部 : アルミニウム合金
ケーブル長 :125cm+2cm
ケーブル構造 : 同軸、リッツ構造

同軸イヤホンケーブルは、特殊なシールド構造のため、インピーダンスが安定し、音信号の伝送効率が高いという特徴があります。ImperialURDオリジナルのケーブルは、高純度OCCを使用し音質を追求しました。
外巻きの金メッキOCCと銀メッキOCCの混合素材は、
音のディテールを効果的に復元することができます。
金と銀は高周波のディクタリティを高め、音の粗さを滑らかにすることができ音質をさらに向上させることができます。

ImperialURDイヤチップ
ImperialURDアクセサリー

ImperialURD

アクセサリー


ImperialURD イヤホン本体 1ペア  | モジュラー 2 pinケーブル  | モジュラーアダプタ 4.4mm + 3.5mm + 2.5mm | Final Type E イヤチップ 5 sets | シリコンイヤチップ  7 sets | フォームイヤチップ  2 sets | クリーニングブラシ | イヤホンケース 
(付属品は、発売後変更になる場合があります。変更された場合は、随時Webサイト等でご案内いたします)

KineraのハイエンドラインKinera Imperial(キネラインペリアル)2Sonion EST + 2DD+1BA ImperialURD(インペリアルウルド)

過去は現在と未来のための宝物

世界樹ユグドラシルの根元にある「ウルドの井戸」は、神々が日々集う場所です。ウルドの井戸は、すべてを浄化する力を持つ聖なる泉であり、世界樹の源でもある。  

ウルドは運命を司る3人の女神の長姉です。運命の「過去」を司ります。妹はヴェルダンディとスクルドの2人。ヴェルダンディは "現在 "を、妹のスクルドは "未来 "を司っています。 

よく過去を振り返り、過去の人や物事に思いを馳せています。世界で起こったことをすべて魔法書に記録し、神々や人類に貴重な過去の経験を教えています。


ハウジングデザイン

ウルドの井戸はより深い意味合いを持つ  
フェイスプレートは湖の表面を模しており、3Dプリントでフェイスプレートの真ん中に窪みを作っています。 
フェイスプレートの端に向かって徐々に盛り上がっていく複雑なデザインとなっており、計6層構造となっています。 

濃淡の異なる特殊な顔料を混ぜることで、各層の構造を別々に鋳造し、固形化します。最後に、世界樹に栄養を与える「ウルドの井戸」の水面を表現します。浅いところから深いところへ、だんだん深くなっていく。

シェルは穏やかな水面下の光景。 
太陽が輝き、湖は迫りくる黄金の光を反射し、深い水と浮遊する泡がウルドの泉を予測不可能な姿を表現。 湖の底には歴史の蓄積があります。 
もしこの歴史の蓄積がなければ、湖の透明度を際立たせることはできません。  

過去は深いプールのようなものです。私たちが目にするのは多くの場合、穏やかな表面である。 深く掘り下げることで初めてその豊かな層と意味合いを発見することができるのです。 


チューニングコンセプト

音は、記憶の奥深くに埋もれている思いを呼び覚ますことができます。  
過去、栄光、悲しみ、喜びは人それぞれですが、その中に埋もれている記憶は鮮明です。  

思い出は、過去を記した本のようなものです。 
私たちはそれを構成するとき、前に進むために長い時間を経て、過去のそれらはすべて宝物であり、現在を見守るものであると認識しています。  

ImperialURDのサウンドチューニングは、Sonion社製ESTドライバ、ダイナミックドライバ、バランスドアーマチュアドライバの 3バンドが均等に配置され、原音に寄り添ったうえで、ボーカル領域を明瞭化し、音全体で包み込むような感覚を持たせました。繰り返しチューニングすることで、広い音場、暖かい音色、リラックスしたリスニング感覚。自然な聴き心地が生まれました。  

心の中にある過去の本を開くように、曲の中に埋もれている魅力を探さなくても、音楽が流れると、そのメロディーの優しさに、心が揺れ動き優しくなれると思います。


ドライバ構成

唐突さを排除し、ただ協調性をもって声楽界を満たす

ImperialURDのbassはチタン結晶振動板同軸ダブルダイナミックドライバを採用し、入念なチューニングにより、 このユニットの特徴である深い潜りと速い応答性を引き出しています。 
高域はSonionの新世代複合型ダブル静電ユニット(ESTドライバ)EST65DB01を採用し、 高音に強いディクタリティを持たせています。 
中域はKineraカスタマイズのバランスドアーマチュアドライバで構成されています。

Sonion社製ESTドライバ  EST65DB01 複合型デュアルエレクトロスタティックユニット

Sonion社新世代のEST65DB01複合デュアルESTドライバーは、前世代よりも全体的に高域周波数特性が3db向上しています。 高域の伸びも強化され、よりクリアで明るい音になりました。  

8mmチタンクリスタルダイアフラム同軸ダブルダイナミックドライバー  

8mmチタンクリスタルダイアフラム同軸ダブルダイナミックは、強い音響性能、大きなダイナミクス、迅速な過渡応答、クリアな低域レベル、そして確かな質感を備えています。  

KineraカスタムK26005/9バランスド・アーマチュアユニット  

KineraカスタマイズBA K26005/9は、中間周波数を担当し、男声・女声ともにとても明瞭でクリアなボーカルを再現します。 

 

ケーブル

素材:OCC+OCC (銀メッキ) + OCC (金メッキ)
構造: OCCシールド+外巻OOC(銀メッキ)+OCC(金メッキ)複合編組 
Diameter: 2.1mm/core 
撚り線 : 0.08mm OCC14本+0.08mmOCC14本(銀メッキ)+0.08mmOCC14本(金メッキ)  
撚り線 : 0.08mmOCC 14本(銀メッキ) 
ケーブル表皮材 : 高透磁率軟質PVC 
インターフェース : 0.78 2pin 
プラグ : 4ピン着脱式プラグ、2.5mmバランス/4.4mmバランス/3.5mmプラグ 
外部金属部 : アルミニウム合金 
ケーブル長 :125cm+2cm 
ケーブル構造 : 同軸、リッツ構造 

同軸イヤホンケーブルは、特殊なシールド構造のため、インピーダンスが安定し、音信号の伝送効率が高いという特徴があります。ImperialURDオリジナルのケーブルは、高純度OCCを使用し音質を追求しました。 

外巻きの金メッキOCCと銀メッキOCCの混合素材は、 音のディテールを効果的に復元することができます。 金と銀は高周波のディクタリティを高め、音の粗さを滑らかにすることができ音質をさらに向上させることができます。

 

基本スペック

モデル名:ImperialURD(インペリアルウルド)
ドライバ:2EST+2DD+1BA 
インピーダンス:20Ω 
感度:107db+-2db 
再生周波数:5Hz-50kHz 
プラグ:2.5mm,3.5mm,4.4mm(交換式) 
コネクタ:0.78 2Pin 
ケーブル長:約1.2m


お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Links

Web SOUNDEARTH
Twitter